本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0124-22-0110

〒075-0031 芦別市南1条東2丁目12-12

署長あいさつ

芦別警察署長

《スピードダウンでスリップ事故等の防止とダメージの軽減を》

 皆さん、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが体調はいかがでしょうか?
 冷え込みが厳しくなると、山間部では凍結路面、特にブラックアイスバーンでの事故が心配されます。
 私のこれまでの記憶でも、雪が積もる前のこの時期は、先を急ぐあまり、路面が凍っていることに気付かず、ついついスピードを出していしまい、カーブを曲がり切れずに路外へ飛び出してしまう事故が非常に多くなっています。
 しかも、飛び出し時のスピードが高いままなので、大きな事故になりかねません。
 また、日暮れがどんどん早まっていますが、夕方から夜間にかけての「車×歩行者」の事故も本当に心配で、スピードを出していると死亡事故へ発展する危険性も増します。

 こうしたこともあり、11月中は、  

11日(月)から20日(水)までの10日間、「冬の交通安全運動」


が行われ、
  • 高齢者の交通事故防止
  • スリップ事故の防止
  • 飲酒運点の根絶
 を重点として各種の取組が行われます。
  交通事故は、「自分だけは、大丈夫。」ということは絶対にありません。一人一人が自分のこととして捉え、十分に注意するようにしてください。 お願いします。

  •  車の運転は、時間にも気持ちにもゆとりを持ってスピードを出さないようにしましょう。
  •  普通に見える路面でも凍結しています。慎重な操作を心掛けましょう。
  •  あなたの車の目の前に歩行者がいます。眼を皿のようにして安全確認に集中しましょう。
  •  歩行者の方は、夜光反射材を身に付ける、白っぽい服を着るなど、車に発見されやすい服装で出掛けましょう。
  •  飲酒直後の運転だけでなく、二日酔い状態での運転もやめましょう。

令和元年11月
札幌方面芦別警察署長
寺田 聡